転職を短期間で成功させるには

転職活動は、在職中から行う場合と仕事を辞めてから行う場合の2通りに分かれます。

仕事を退職した場合には、雇用保険に加入していれば、数か月間雇用保険給付がもらえますが、給付期間内に次の仕事が見つかる保証はありません。また、給付される金額は、働いていたときに支給されていた金額の3分の2しかもらえません。そのため、経済的にも精神的にも在職中に次の転職先を確保しておくことがおすすめです。

しかし、在職中の転職活動では仕事に追われて、時間が少ないため十分な情報収集が難しい面があります。そのため、本人にかわって希望条件の求人案件を収集してくれて、面接や労働条件の交渉なども変わりに行ってくれる転職サイトや人材紹介会社の利用がおすすめです。

ほとんどの転職サイトでは、企業の方から人材を紹介したときに報酬をもらう仕組みになっているため、求職活動を行う側は無料で求人を紹介してもらえることが多いです。また、求人の紹介だけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方や添削、面接での対応の仕方などを無料で講義してくれる支援サービスがあります。

給与や福利厚生などの労働条件についても求人を斡旋してくれた担当のエージェントが仲介に入ってくれるため、実際に入社してから面接時の労働条件と違った場合は交渉をしてもらえるなどのメリットがあります。人材会社によっては、紹介した案件で就職が決まった後、一定期間の勤務実績があれば、数万円から数十万円のお祝い金が支給されるなどの特典もあります。

マイナビエージェントについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です